寒竹の子

かんちくのこ
初冬
寒筍

竹の一種で、高さ二、三メートル、太さ一センチぐらい。表皮は 紫褐色を帯びる。自生するものもあるが、庭園や垣根に植えられ る。十月ごろから冬の間に筍ができ、食用にし、風味があるので 珍重される。葉に白い班のあるものを「ちごかんちく」という。

コメントは受け付けていません。