麦の芽

むぎのめ
初冬
麦の二葉/芽麦

関東では十月、関西では十一月頃が麦蒔の時期。間もなく芽がで て、厳しい寒さの中を伸びていく。霜や雪がきても、冬枯れの中 に麦の芽は、青々と美しい。

生出づる麦を青女のはだへかな
才麿「後しゐの葉」

麦生えてよき隠家や畠村
芭蕉「笈日記」

好日の土麦の芽の影とあり
長谷川素逝「素逝句集」

コメントは受け付けていません。