甘蔗の花

かんしよのはな
仲冬
砂糖黍の花

イネ科の植物で、熱帯地方で砂糖を採る目的で栽培される。高さ 二~四メートルになる。日本では、二百余年前、琉球から内地に 伝わり、九州四国各地で栽培される。熱帯では、冬に薄のような 穂を出して花が咲く。

コメントは受け付けていません。