寒忍

かんしのぶ
三冬
冬忍/立忍

ウラボシ科の常緑のシダ草木で山地に自生する。忍草に似るが、 やや大形である。葉は薄く羽状に分裂し、黄緑色で光沢がある。 胞子葉は葉よりも高くなり、冬に枯れる。裸葉は寒中も緑を保つ のでこの名がある。

コメントは受け付けていません。