臭木の実

くさぎのみ
晩秋

常山木の実 臭木はクマツヅラ科クサギ属の落葉小高木。日本各地の山野に自 生する。八月から九月にかけて白い花をつけ。晩秋に光沢のある 実が青紫色に熟す。実は、六から七ミリくらいの球形。
常山の実こぼれ初めけり夜の雨
魯竹「発句題叢」

コメントは受け付けていません。