海桐の実

とべらのみ
晩秋

海桐はトベラ科トベラ属の常緑低木。暖地の沿岸部に自生し、高 さは三メートルくらい。四月から六月にかけて、枝先に芳香のあ る白い花をつける。直径一・五センチほどの黄色の実は晩秋に裂 けて、十粒ほどの赤い種があらわになる。

コメントは受け付けていません。