飯桐の実

iigirinomiいいぎりのみ/いひぎりのみ
晩秋
南天桐

飯桐はイイギリ科イイギリ属の落葉高木。高さは二十メートルに もなり、各地の山地に自生する。四月から五月にかけて、枝先に 緑黄色の萼片をつけ、晩秋に赤い実を葡萄状にみのらせる。その 大きな葉でおにぎりを包んだことからこの名がついた。

コメントは受け付けていません。