珊瑚樹

sanngojunomiさんごじゅ
晩秋
樹珊瑚
【解説】
珊瑚樹はスイカズラ科ガマズミ属の常緑低木。暖地の沿岸部に自生するほか、庭木や生垣としても植えられる。六月ごろ、白い花を咲かせる。実は秋に赤く熟し、しだいに藍黒色に変わる。美しい実を珊瑚にたとえて珊瑚樹の名がついた。
【科学的見解】
珊瑚樹(サンゴジュ)は、本州関東以西から沖縄の丘陵地および沿岸地に自生する。野生では、赤い実を鳥が食べることにより種子が散布され、分布を広げている。人里周辺では、花や果実が美しいため、公園や学校などに観賞用として植栽されている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。