莢の実

gamazuminomiがまずみのみ
晩秋
【解説】
がまずみはスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。日本の各地に広く自生する。五月から六月にかけて白い小花を散房状にびっしりと咲かせる。果実は直径五ミリほどの球形で、九月から十月にかけて赤く熟す。甘酸っぱく果実酒に利用される。
【科学的見解】
ガマズミは、北海道西南部から九州の丘陵地や山地にふつうに生育している。近縁種としては、葉が小さいテリハコバノガマズミや葉と冬芽に毛がないミヤマガマズミなど複数存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。