衝羽根

つくばね
仲秋
胡鬼の子/突羽子/羽子の木

衝羽根は、ビャクダン科ツクバネ属の落葉低木。高さは一メート ルから二メートルくらいで、栂や樅などに半寄生する。雌雄異株 で雌株は初夏、枝先に淡緑色の四弁の苞をもった花をつける。果 実は長さ一センチほどで、茶褐色の楕円球。苞がそのまま残って、 羽根つきの羽根のように見える。

コメントは受け付けていません。