正木の鬘

まさきのかずら/まさきのかづら
晩秋
柾の葛/蔓正木/定家葛

正木の鬘は定家葛のこと。キョウチクトウ科テイカカズラ属の常 緑蔓性植物である。五月から六月にかけて淡黄色の花を咲かせる。 細い管状の果実は十五センチから二十五センチくらいの長さ。熟 すと袋果が縦に裂けて、糸状の種を風に飛ばす。
弓の木の久しき柾のかづらかな
才麿「椎の葉」

コメントは受け付けていません。