鬱金の花

うこんのはな
初秋

きぞめぐさ ショウガ科ウコン属の熱帯性多年草。初秋、水芭蕉に似た大きな 葉に囲まれて花ぐきを伸ばし、その先端に漏斗状の白い花を多数 咲かせる。根は肝臓に効くとされる。

コメントは受け付けていません。