貝細工草

かいざいく/かひざいく
初秋
貝殻草
【解説】
キク科カイザイク属一年草。草丈は七十センチくらい。葉は被針形で、花は一重咲き。白い光沢のある花が二枚貝のように見えるためこの名がある。「カイザイク」と呼ばれる。
【科学的見解】
貝細工草は、標準和名としてカイザイクと呼ばれ、オーストラリア原産の植物である。稀に、観賞用として栽培されている。園芸的な呼び名としては、アンモビウムと呼ばれている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。