オクラ

okuraおくら
三秋
アメリカねり
【解説】
アオイ科トロロアオイ属の一年草。アフリカ原産で草丈は一メー トル半くらいになる。夏、黄色の大きな花をつけ、秋に莢状の実 をみのらせる。実には糸を引くような粘りがある。茹でておひた しにしたり、サラダなどに用いる。
【科学的見解】
オクラは、アオイ科の野菜で、江戸時代末期に中国から渡来したとされる。近年では、品種改良がなされ、緑色や紅色、角形や丸型の品種が作出されている。近縁の種としては、トロロアオイが挙げられ、実は有毒であるため食用としないが、花が食べられることから花オクラと呼ばれている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。