鳩麦

はとむぎ
初秋
川穀(はとむぎ)/とうむぎ/せんこく/四国麦
【解説】
イネ科ジュズダマ属の一年草。原産地は中国南部で、草丈は一メートル以上になる。夏、茎先と葉腋に淡緑色の小花をつけ、秋に楕円球の褐色の果実を実らせる。実は食用となるほか、生薬にも利用される。
【科学的見解】
鳩麦(ハトムギ)は、ジュズダマに似た姿をしている。両者を見分けるポイントは種子であり、種子に光沢があるのがジュズダマであり、ハトムギは種子にあまり光沢がなく、縦筋が入っているのが特徴である。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。