二十六夜待

にじゅうろくやまち/にじふろくやまち
仲秋
六夜待/二十六夜祭

江戸時代の庶民の風習。陰暦七月二十六日の月の出に、阿弥陀仏、 観音菩薩、勢至菩薩の三尊が現れるといわれ、それを拝むために 高輪あたりに人が群れたとされる。

普門品二十六夜の月の僧
内藤鳴雪「明治俳句」

コメントは受け付けていません。