数方庭祭

すつぽうていまつり/すつぱうていまつり
仲秋

八月七日から十三日にかけて下関市忌宮神社で行なわれる祭。境 内の鬼石の上に太鼓を据えて独特なリズムを打ち鳴らし、それに 合わせてまず切籠が、次に大幟が鬼石のまわりを回る。神功皇后 の三韓ご出陣に由来するといわれる。

コメントは受け付けていません。