御射山祭

みさやままつり
初秋
穂屋祭/穂屋/御射山狩/穂屋の芒

長野県諏訪大社の祭礼である。昔は陰暦の七月二十六日から三日 間行われたが、今は八月の第四土、日に行われる。御射山は固有 な山ではなく神聖な山というほどの意味で、上社と下社ではその 場所が異なる。それぞれの御射山には、萱で囲った小屋(穂屋) が作られ、神官が五穀豊穣、天下泰平を願ってそこに籠る。鰻や 泥鰌を放生して、二歳の初厄の子どもの厄除けを祈願したりする。

コメントは受け付けていません。