射場始

いばはじめ
初冬

弓場始 嘗て陰暦十月五日頃、宮中弓場殿(ゆばどの)において、天皇が 公卿以下群臣の賭射(かけゆみ)を観覧した宮廷行事。家々によ ってその装いに工夫を凝らしたという。興にのった天子が自ら弓 を射た、というような古い記述もうかがわれる。

コメントは受け付けていません。