暦の奏

こよみのそう
仲冬
御暦の奏/暦奏

陰暦十一月一日、新しく作成された翌年の暦を、役人が天皇へ奏 上する儀式。この儀式を持って、翌年の暦の頒布が解禁となった。

コメントは受け付けていません。