新嘗祭

にいなめのまつり/にひなめのまつり
初冬
大嘗祭/大嘗会

嘗ては陰暦十一月の中の卯の日、近時は十一月二十三日に行われ、 一九四七年まではこの呼称の祝日であった。天皇がその年の新穀 (栗と稲)を神に捧げ、親しくこれを食す儀式。即位後初めての 場合は大嘗祭(だいじょうさい)となる。

コメントは受け付けていません。