豊明節会

豊明節会/とよのあかりのせちえ/とよのあかりのせちゑ
仲冬
豊の明り/悠紀の節/主基の節
奈良時代以降、新嘗祭、大嘗祭の翌日、すなわち陰暦十一月の辰 の日に行われた宮廷の宴会。天皇御出座のもと、白酒(しろき)、 黒酒(くろき)が振る舞われた。

コメントは受け付けていません。