小忌衣

おみごろも/をみごろも
仲冬
青摺の衣/小忌の袖

新嘗祭、大嘗祭、豊明節会(とよあかりのせちえ)などの宮廷儀 式で着用した衣服。男女共に装束の上に羽織り、右肩から赤紐を 垂らす。白地に山藍の葉の汁で文様を書いたのが一般的で、袖が ないものと、袖付きのものがある。心身を清め不浄を祓う意味合 いがある。

コメントは受け付けていません。