日蔭の蔓

ひかげのかずら/ひかげのかづら
仲冬
日蔭の糸/日蔭心葉/心葉

新嘗祭、大嘗祭、豊明節会(とよあかりのせちえ)などの宮廷儀 式で着用した冠の装飾で苔のようなもの。「さるをがせ」とも 「松の苔」とも言われる。小忌衣(おみごろも)と同じく、心身 を清め不浄を祓う意味合いがある。

コメントは受け付けていません。