御髪上

みぐしあげ
晩冬

嘗て陰暦十二月下の午の日、天皇、皇太子などの一年分の梳櫛の 脱毛や元結などを焼きすてる儀で極臈や衛士がつとめた。近世に なると十二月下旬の吉日を選んで行われた。

コメントは受け付けていません。