刈上餅

かりあげもち
初冬

豊作に感謝するため新米でついた餅をいう。うぶすな神に供えた り世話になった人に配ったりする。農作業が終わったあとの風習 である。

コメントは受け付けていません。