十日夜

とおかんや/とをかんや
初冬

西日本の「亥(い)の子(こ)」に対し、東日本で陰暦十月十日 の夜に農村で行う収穫祭のこと。この日に田の神が山へ帰るとさ れ、新米で作った餅などを供えたり、子供たちが藁束で地面をた たいて村中を回ったりした。

コメントは受け付けていません。