片蔭(かたかげ) 晩夏

【子季語】
片かげり、夏陰、日陰
【解説】
午後の日差しが建物や塀などに影をつくる。歩くにも、少しでも日陰を選びたい夏。「緑陰」や「木下闇」とは、区別して用いたい季語。古くから長塀の片蔭などは存在していたのであるが、都市の構造物の変遷もあり、大正以降、よく使われだした季語でもある。

*

見送るも夏は日陰や一里塚
李下 「別座敷」

井戸水を浴びて涼しき日陰哉
青木月斗 「月斗句集」

片蔭にぽつゝ宵宮参りかな
青木月斗 「月斗句集」

コメントは受け付けていません。