初三十日

はつみそか
新年
初晦日/晦日宵/晦日正月/晦日団子/蔦の正月

正月末日のことで、陽暦では一月三十一日。この日の風習が各地に残っているが、新潟県十日町地方では大晦日に年越し蕎麦を食べず、この日に食べる。また、岩手・宮城県地方では蔦の正月といい、神前や門口に蔦を飾る。柳田國男の「年中行事覚書」によると、「この晩は鬼が覗きに来る」という。

紅梅やつい彼是とはつ三十日
邨洞「続一夜松後集」

コメントは受け付けていません。