春永

はるなが
新年
永陽

昼の永い春の季節や、初春から晩春まで春の末永いことを言祝ぐ言葉であるが、多くは新年を褒め称えてつかう。さらに春永には、「いずれ暇なときに」「またゆっくりと」という意味の使い方もあることから、正月を迎えてのんびりした風情が伝わってくる。

春永といふやことばのかざり縄
立圃「空礫」

春ながの年の頭や福禄寿
良徳「鷹筑波」

コメントは受け付けていません。