朝賀

ちょうが/てうが
新年
朝拝/小朝拝/拝賀/参賀/奏瑞

正月元日に、天皇が大極殿において百官の祝賀を受ける儀式。礼服を着用した即位式さながらの儀式であり、聖武天皇の治世には、遠く渤海や新羅の使も参列し、諸国からは白雉子など祥瑞とされる動植物が献上されたという。

朝拝や春は曙一の人
内藤鳴雪「俳句三代集」

元帥大将車馬次々に朝賀かな
青木月斗「俳句三代集」

コメントは受け付けていません。