元日節会

がんじつのせちえ/ぐわんじつのせちゑ
新年
諸司奏/七曜御暦奏/氷様奏/氷の様/腹赤奏/腹赤の贄/国栖人/平座見参/新年宴会

朝賀の儀のあと、紫宸殿で行われた祝宴。天皇が出御すると、まず諸司奏がはじまる。諸司奏とは、陰陽寮の「暦奏」(七曜を具中)宮内省の「氷様奏」(氷の厚薄などを奏す)、太宰府の「腹赤奏」(鱒を進献)の三つ。その後の酒饌を賜る饗宴では、吉野の国栖人が御贄を献じて歌笛を奏した。

国栖国栖といへども花の翁かな
樗堂「発句題叢」

国栖笛や梅も柳も舞の袖
一峨「千題集」

豊年や鏡の欠や氷の様
立砂「千題集」

筑紫ぶり腹赤の奏と聴くからに
松瀬青々「春夏秋冬」

袂から鶯出せよ国栖の奏
高田蝶衣「青垣山」

コメントは受け付けていません。