晴の御膳

はれのごぜん
新年
晴の御膳(おもの)

古く宮中においては、元日節会などの折に「晴御膳」という唐風の食事を天皇に差し上げた。献立は、酢、酒、塩、醤の四種に、饂飩、索餠、餬、桂心を合わせた八盤。さらに「脇の御膳」として鎚子などの四盤を差し上げる。明治以降は、元日から三日まで天皇が召し上がる朝食を「晴の御膳」という。

コメントは受け付けていません。