御薬を供ず

みくすりをくうず
新年
白散/度嶂散/薬子

元日から三日まで、延命長寿を願って天皇に歯固と薬を献じる儀式。はじめに大根・押鮎などの歯固、次に薬を供じる。薬は、一献に屠蘇、二献に神明白散、三献に度嶂散を、いずれも酒に入れて供する。はじめに薬子と呼ばれる少女が飲み、事後には後取の蔵人に授けられた。

薬子やしも中かみにふさうこく
正章「山の井」

白散よ酒に交へて生く薬
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。