叙位

じょい/じよゐ
新年
正月五日または六日に、宮中で五位以上の位階を授ける儀式。律令制における五位以上とは、いわゆる貴族の階層をさす。清涼殿の東廂に御座を設け、天皇が出御し、大臣が叙位を書いて奏聞を経た後、位記の清書に入る。七日の儀において、この位記の授与がなされた。

コメントは受け付けていません。