女叙位

にょじょい/によじよゐ
新年

隔年の正月八日、内親王に品(ほん)、女王や後宮の女房たちに五位以上の位階を授けた儀式。この日、天皇は紫宸殿に出御し、南廂に列立する被叙者に位記を授与した。持統天皇の治世、正月に内親王以下の位を賜ったことをはじまりとする。
品—親王、内親王に与えられる位のこと。

コメントは受け付けていません。