舞御覧

まいごらん/まひごらん
新年

正月十七日、または十九日に、清涼殿の東庭に舞台を設け、左右で楽を奏し、天皇に舞を御覧に入れる行事。総数百二十の舞踏が繰り広げられた。

コメントは受け付けていません。