ハンカチの花

hankatiはかんかちのはな
初夏

山地に生息するオオギリ科の落葉高木。葉が変化した胞(ホウ)が緑色から白に変わり、葉の間からひとつの両性花と多くの雄花をつける。白い総苞片がハンカチのように見えることからこの名がついた。庭植えや鉢植えにもなる。

コメントは受け付けていません。