ゆりの木の花

ゆりのきのはなゆりの木の花
初夏
半纏木/チューリップツリー
【解説】
北アメリカ原産で明治初期に渡来したモクレン科の落葉高木。五月から六月、枝先に直径六センチほどで、チューリップに似た淡黄緑色の花を咲かせる。円錐形に集合した雌蕊を多数の雄蕊が囲む。葉の形が半纏に似ていることからハンテンボクとも呼ばれる。
【科学的見解】
ユリノキは、チューリップツリーとも呼ばれる花が特徴的な樹木であり、公園木や街路樹として利用されている。近縁種としては、中国に自生するシナユリノキが存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。