ひとつばたご

hitotubadago初夏
なんじゃもんじゃ
【解説】
モクセイ科の落葉高木。四月下旬~五月中旬、学名のとおり「雪のように白い」円すい状の花を小枝の先いっぱいにつける。全国各地に移植され、「なんじゃもんじゃ」と親しまれている。複葉のトネリコ(タゴ)に似ており、単葉であることから「一つ葉タゴ」の名がついた。
【科学的見解】
ヒトツバタゴの野生種としては、中部地域(愛知・岐阜など)と長崎県の対馬の二ヶ所のみに隔離分布している。花が綺麗な植物でもあるため、稀に公園木としても植栽されている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。