水臘樹の花

いぼたのはな
初夏

山地に生えるモクセイ科の落葉低木。五月から六月、枝先に直径五ミリ程度の白い小花が集まって咲き、かんざしの房のようになる。名前とはかけはなれ、清楚でライラックのような香りがする。樹皮にイボタ貝殻虫がついて蝋を分泌し、かつてはこの蝋を艶出しに利用した。

コメントは受け付けていません。