蔓梅擬の花

つるうめもどきのはな
初夏

日当たりの良い山地に生え、広葉樹などにからむキシキギ科の落葉低木。モチノキ科の「ウメモドキ」に似ていることから名がついた。五月から六月ごろ、小さな五弁の黄緑の花を葉のつけ根にいっぱいに咲かせる。

コメントは受け付けていません。