錦木の花

にしきぎのはな
初夏
【解説】
山地に自生するモチノキ科の落葉低木で、官軍の錦の御旗あるいは、紅葉が錦の織物のように美しいところからこの名がある。五~六月、枝のわきから淡黄緑色の直径六から八ミリの四弁の小さな花を、数個集まった状態でつける。
【科学的見解】
錦木(ニシキギ)は、ニシキギ科ニシキギ属に分類されており、北海道から九州の山地に普通に生える落葉樹木である。枝には、コルク質の翼を生じるのが特徴である。枝にコルク質の翼ができないものは、コマユミと呼ばれている。本種は、紅葉が美しいため、庭木や公園木としても植栽されている。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。