雁皮の花

がんぴのはな
初夏

【解説】
四国、九州の太平洋側の乾燥した林に生息する、ジンチョウゲ科の落葉低木。初夏、沈丁花のような薄い黄色の小さい花をつける。樹皮から高級和紙をつくる。茶花に喜ばれるガンピ(岩菲)はナデシコ科の花で、別の植物。
【科学的見解】
雁皮(ガンピ)は、別名:カミノキとも呼ばれ、昔からコウゾやミツマタと並んで和紙の材料として活用されてきた。近縁の種としては、アオガンピ、ミヤマガンピ、キガンピ、コガンピなどが存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。