節分草

setubunsouせつぶんそう/せつぶんさう
初春
いえにれ

本州以西の山地やブナ林の落葉広葉樹林に多く石灰岩地を好む。名の由来は節分の頃花が咲くことによる。花びらと見えるのは五つの萼片で花弁は退化して、黄色の蜜槽となっている。花は二センチくらい。全体でも五センチから十五センチほど。地中に球形の塊茎がある。

コメントは受け付けていません。