黄連

おうれん/わうれん
仲春

その根が健胃薬として栽培される黄連は、黄色の染料としても用いられる。山地の林の下に自生する多年草。種類が多く葉の形で分類される。早春、萼の目立つ一センチ程の白い花をつける。

コメントは受け付けていません。