姫烏頭

ひめうず/ひめうづ
晩春
蜻蛉草

キンポウゲ科の多年草。関東以西の草地や道ばたに生える。烏頭(うず)は鳥兜の塊根を乾燥させたものをさす。花期は三月から五月頃。花は二ミリから三ミリほどで、白色ながらうっすらと紫を帯びる。葉や根の形態が鳥兜に似ていることが名の由来らしい。

コメントは受け付けていません。