ぎしぎし

仲春
羊蹄/陸じゅんさい

原野や道ばた田の畦の湿ったところなど、日本のいたるところで見られる。高さ四十センチから一メートル近くになる大形のタデ科の多年草。長く大きな黄色の根を持ち、緩下剤として大黄(だいおう)の代用になる。上部で枝分れした茎は五月頃、淡い緑色の小花を枝先に多数つける。

コメントは受け付けていません。