羅生門蔓

らしょうもんかずら/らしやうもんかづら
晩春

シソ科の多年草で本州から九州、朝鮮まで広く分布する。山地や林の中などに自生。葉はたまご形で春、花冠の長さ四、五センチもある紫色の唇形の花をつける。花が終ると地上を這う走出枝を出す。花冠の内側の白と濃紫の斑点が目を引く。京の羅生門で切り落とされた鬼の腕に花が似ているところからつけられた和名。

コメントは受け付けていません。