扇蔓

おうぎかずら/あふぎかづら
晩春

シソ科の多年草。八センチ~二十センチくらいで山地の木陰を好む。葉は対生て柄がある。四、五月ころ、上部の葉のわきに二センチくらいの淡紫色の唇の花をつける。花が終った後、走出枝によってひろがる。

コメントは受け付けていません。